初夏の川のほとりで

2016,06,16 | お料理

今回のディナーコースは川魚のメニューと海のメニューに分けて作りました。
今回は川のメニューのご紹介です。
川のほとりでは、伊豆の小鮎が生きたまま届きます。それを揚げると内臓もほろ苦さと甘さが絶妙のバランスです。  動画はここから見れます→伊豆の踊り鮎
_DSC7406_edited

富士宮のくぬぎ鱒も仕入れているのですが、功刀さんは養鱒に人生を賭けてこだわって作っている方です。先日富士宮まで功刀さんを訪ねに行って参りました。功刀さんは、富士宮の川の水と井戸水を合わせて鱒に最適な硬度の水を作って鱒を育てています。IMG_8865企業秘密の部分もあるのでしょうが、くぬぎ鱒は脂身に臭みが全くなく、鱒の肝臓もレバ刺しのように生でも食べれてしまうのです。鱒は不思議な魚で、小さいうちに卵を作ってしまうと小さいまま死んでしまうのですが、海に下ると大きくなって帰ってくるのです。いわゆるサーモンです。それを功刀さんは海に帰さずに大きくしてまるでサーモンのような鱒を育てています。

アルテリーベでは、スペシャリテとして功刀鱒のシュトゥルーデルをお出ししています。生地を巻いて高温で火入れをしているので、外はサクッと中はぎりぎり火が通った状態でお出ししています。

ヨコハマ 空のクルーズ

2016,04,30 | Introduction, プロポーズ

アルテリーベでプロポーズを行っていただく方へ象の鼻桟橋からプライベートクルーズをチャーターするプランと合わせて、空のクルーズプランも間もなくスタートします。お店で食事をする前後にみなとみらいのヘリポートからスカイクルーズを愉しめるプランです。もちろん、プロポーズ以外にもプロポーズ記念や誕生日など様々な用途に合わせてご利用いただけると幸いです。みなとみらいのヘリポートまでは、タクシーで7分。とびっきりの演出で素敵な思い出をどうぞ。ご予約はゴールデンウィーク後からスタートします!

DSC_0113

糸島の久保田農園にて

2016,04,21 | お料理, 食材について

福岡の糸島にある久保田農園を見学しに来ました。
アルテリーベのほとんどのハーブはここからやってきます。
潮風を感じる海の傍でいろいろなハーブが花を咲かせていました。今が旬のハーブの花は、可憐なだけでなく、それぞれハーブの香りと味わいがあるので、料理にも欠かせません。
作り手の久保田社長ともお会いし、いろいろなお話ができました。久保田社長はバスクで食べられるプチプチとした触感の涙豆を来年までには作りたいとおっしゃっていました。
久保田農園はは朝10時に全国の発注を締め、午後3時に航空便で東京方面に発送し、翌朝にはお店に届きます。作り手のこだわりをお客様へ伝えていきたいです。

IMG_8659_editedIMG_8654_editedIMG_8663_editedIMG_8672_edited

ヨコハマ 海のクルーズ

2016,04,07 | エトセトラ…, プロポーズ, 新しいイベント

アルテリーベは、ハレの日にご利用されることが多いです。普段使いもできるようにいろいろと取り組んでもいますが、ハレの日をさらに特別に演出するためにクルーズプランを考えています。お店から徒歩3分、日本大通をまっすぐ進むとそこに象の鼻桟橋があります。そこから二人だけのクルーズを楽しめるなんてロマンチックですよね。横浜ならではのレストランと海を満喫できる大人のプランは、あと2週間ほどでスタートします!結婚記念日に、プロポーズに、お誕生日にいろいろな機会にご利用いただければと思います。お楽しみに!my2

フランスの美女

2016,03,13 | ブリア サヴァラン

フランス料理を提供しているお店でデザートの前に必ず聞かれるのが、チーズです。
アルテリーベでも、いろいろな種類のものをご用意してお出ししております。
フランス料理には欠かせない存在で、各地方にこだわりの美味しいものがたくさんあります。

でももう少し掘り起こすと、チーズは美味しいからというだけでなく、フランス料理という看板を出している以上必ず出さないといけないものなのです。

18世紀に遡りますが、フランスの有名な美食家でBrillat Savarinブリアサヴァランという方がおられて、Physiologie du goût 「味覚の生理学」という本を書いていて、その中にチーズについて格言が記されています。

“Un repas sans fromage est comme une belle à qui il manque un oeil.”
「チーズのない晩餐は、片目のないみた美女みたいなものだ。」
IMG_8546
日本人からすると、非常にショッキングな表現ですが、それほどフランス人の目から見ると、晩餐にチーズは外せないということなのです。
この文を読んだことのある料理人は、チーズを出さないわけにはいかないですよね。

アルテリーベでは、両目パッチリのフランスの美女を(チーズを)ご用意してお待ちしております!